映画 「インターセクション」 評

知識
 モロッコに新婚旅行で来ていた夫婦が、砂漠の真ん中で、背後の車に追突される。そこにはなんと愛人が乗っていたのだ。
 修理中だったバンにも激突し、やがて砂漠のど真ん中に取り残された5人。最寄の民家までは30㎞。灼熱の太陽の下、協力しながら脱出を図ろうとする、見ず知らずのはずの5人…。
 しかし、ダイヤモンドの存在が明らかになった時、駆け引きと裏切りは加速し、思いもよらぬ人間関係が浮上していく…。
最後に生き残るのは、一体誰か。


原題: intersections

出演
テイラー    :ジェイミー・アレクサンダー
スコット    :フランク・グリロ
サレイン   :ロシュディ・ゼム

監督
デビット・マルコーニ
製作
リュック・ベッソン



96時間 [DVD]
リーアム・ニーソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-12-19

---------------x-------------------------------x------------------------
12
新婚旅行でモロッコにやって来た、スコットと
でももう既に、仲悪い感じ。

12
新婚旅行に、浮気相手を連れてきている妻。夫を砂漠の真ん中で、殺してしまう計画を立てている。夫・スコットは、大金持ち。

12
粗い計画通りうまくいかず、カーチェイスになってしまう。パリ・ダカみたいでかっこよかった。

12
いくら砂漠のど真ん中とはいえ、デコボコで先が見えない道なき道を、競争してたらこうなります。人を轢いて、突っ込んでまたその後から、突っ込んできたらこのようになります。

12
いきなり、この展開。わけのわからん集団に突っ込んでしまった。
1名轢死、1名絞殺、1名放火殺人未遂後撲殺の現場です。

12
怪しい男が、丘の上から偵察中。

12
この物語の生存者。下に寝っ転がっている、浮気相手も気絶しているだけ。


ここまで、前半約30分。なかなか先が読めないストーリーになっています。
絞め殺した、おっさんがキーマンになってくるとおもってしまいます・・・。
カーチェイスとは裏腹に、ゆーくり進むお話。

12
修理工場が近くになくて緊急の場合、昔の日本でもよく使われていた手段。ラジエーターの水漏れ防止。非常によく効くそうです。

12
まぁ、やりますね。通常のサスペンスは

12
えっ、マジで

12
絶対あきらめない女。また、新たな展開。

12
わけわからん~

12
ラスト。おもわず、一緒にうなづきました。


長い映画です。140分。
基本的に、2組のストーリーが展開していく。そのストーリーが、交わったり離れていったりします。
入り組んだ話ではないですが、細かく綿密にやっていく感じの物語。エンドロールも観たほうが、いいです。
後半、テンポよく進んでいきます。全員、悪者。騙し合いの映画です。可もなく不可もなく。


☆☆☆☆☆5点満点中
評価:☆☆☆





インターセクション [DVD]
ジェイミー・アレクサンダー
東宝
2014-01-24